チャンピックスはタバコを吸いたい気分を未然に防ぐ

ニコチン依存症の治療で用いられている禁煙補助薬において、チャンピックスは比較的新しい部類に入る薬ですが、その特徴の一つとして挙げられるのは、タバコを吸いたい気分を防ぐ効能があることです。
ニコチン依存症にかかっている人は、事あるごとにタバコを吸いたくなります。タバコを吸うと、他の様々な物質とともにニコチンが体内に入り込み、やがて肺で吸収されて血液の中に入っていきます。ニコチンはその後、血流にのって身体を巡っていき、やがて脳に達すると、脳内にある受容体(レセプター)と結合し、ドーパミンを放出します。タバコを吸うことで生じる快感は、このドーパミンによるものです。
通常、ドーパミンはニコチンを摂取しなくても、爽快感や感動を得たときなどに自然に放出される物質ですが、喫煙により快感を得ることを繰り返していくうちに、ニコチンによってドーパミンが放出される状態に身体が順応するようになります。身体が慣れてしまうと、ニコチンを絶えず摂取していなければ、不安が生じたり、イライラした気分になったり、頭がいたくなってしまう症状に悩まされるようになります。喫煙者はこの悩みを解消するためにさらにタバコを吸い続けるようになります。これがニコチン依存症にかかった人の身体の状態です。
チャンピックスのタバコを吸いたくなる気分を防ぐ働きは、チャンピックスの有効成分であるバレニクリンが、脳内の受容体と結合して、ニコチンと受容体が結合できなくすることによって生じます。ただし、単にニコチンをシャットアウトするだけでは、しばらく経過すると離脱症状が起こるようになるので、バレニクリン自身に受容体と結合することでドーパミンを少量放出する作用を持たせることによって、離脱症状を防ぎつつ喫煙に対する欲求を抑え、禁煙へと導いていきます。

◇チャンピックスを入手して禁煙成功してみませんか
チャンピックス 通販