チャンピックスの使い始めは喫煙してもOK

チャンピックスは医師の処方薬となっており、禁煙外来で治療目的として処方されるのを購入することで使用できます。医薬品成分の含まれた飲み薬で、禁煙を開始する前から服用して徐々に体に慣らしていく使い方となっています。禁煙外来での治療期間は12週間を目処として、最初の1~3日はチャンピックスを1日1回で0.5mgを1錠だけ飲むようにします。飲む時間帯に決まりはありませんが、吸収を効果的にするため必ず食後に飲むようにします。4~7日になると増量して0.5mgを1錠だけ1日2回で飲み、体に医薬品成分を吸収させます。この1週間は禁煙をする必要がなく、いくらでもタバコを吸うことができるようになっていますが、チャンピックスの成分は、脳内のニコチン受容体に結合するため、服用を開始するとタバコを吸う満足感が十分に得られなくなります。まるで煙だけを吸っているような感覚と言われ、タバコが不味く感じるようになるので、喫煙する必要がなくなったと思ったら1週間を待たずに禁煙を開始すると良いでしょう。8日目からは、1mgを1錠、1日2回で服用して、本格的な禁煙を開始します。ここからは禁煙をする必要があり、タバコを吸ってしまうと禁煙は失敗となってしまうので、もしもタバコへの欲求があったとしても我慢しなくてはいけません。チャンピックスは個人輸入で購入することもでき、最初の2週間分だけをスターターパックとして販売しているので、とりあえず禁煙にチャレンジしてみようと考えている人、チャンピックスの効果を知りたい人は、禁煙外来に行く前に試してみると良いかもしれません。そのまま継続して使用したいと思う人は、その後に使用するメンテナンスパックを購入するのも良いでしょう。