チャンピックスの効果のまとめと失敗リスク

チャンピックスは禁煙のための飲み薬です。喫煙が止められない理由としてはニコチンによる中毒症状があり急に喫煙を止めた場合にはその中毒症状からイライラなどが起こります。このイライラが禁煙を妨げる最大の原因であり、失敗する要因といえます。この失敗する要因を軽減するのがチャンピックスの役割であり、少量のニコチンを摂取することで、イライラを軽減させることになります。
効果のまとめとしては、治療としては12週間が基本で、この間は医師の指導をもとにチャンピックスを継続的に服用し続けることが大切です。
一方で、チャンピックスの効果は100%成功するといったものではなく本人の意思が重要になってきますし、一定期間禁煙していたとしても、再び喫煙を開始しては失敗といえます。このため禁煙治療では治療完了後に9ヶ月間禁煙を出来た場合には禁煙に成功したとみなされます。チャンピックスを使用した禁煙の成功率としては、12週間最後まで受診した場合には50.9%と約半数の人が禁煙に成功していますが、反対に言えば半数の人が失敗しているということになります。
一方で、チャンピックスではニコチンを摂取するという性質上、副作用にも注意が必要です。ひとつはほかの禁煙補助薬と併用しないことや、腎臓に病気がある人は利用できません。また禁煙をすることによって強く気分が落ち込んだりする場合にも注意が必要で、精神疾患に繋がるリスクがあります。またチャンピックスの副作用として、めまい、眠気、意識障害などの症状が現れることがあり、服用中は自動車運転などの危険を伴う機械の操作はしないことが求められます。また女性の場合には妊娠中や授乳中には禁煙補助薬を使った禁煙治療そのものが受けることができません。